【略歴】代表理事・深田雄志

新事業プランナー(主に医療)、カウンセラー(心理・障害・難病等)、看護教員(医学分野)。

ともに未指定難病である線維筋痛症及び慢性疲労症候群の当事者だが、同時に医学部出身の医療の専門家でもある。関節や筋肉に常に続く痛みとそれに続く健常者の倍以上の疲労のため、自宅のリビングを主な仕事場に種々の事業を手がけている。「21世紀の安楽椅子事業家」。自身の闘病経験から、患者や障害者を支えているのは、半分は医療だが、半分は産業であることを痛感し、医療周辺の事業に挑戦する事業家を増やすことに情熱を注ぐ。

神戸大学医学部医学科卒、京都大学大学院博士後期課程(公衆衛生学/医療経済学)単位取得退学。

1979年京都市出身。大学卒業後、医療コンサルタント会社に就職、政府審議会患者代表委員秘書などを経て、現業・日本患者学会を2007年7月に起業。NEC社会起業塾6期特別メンバー。30代前半までにデザイン会社役員や行政の審議会委員(後述)を歴任。一般には重年の公益活動功労者に送られる「京都市自治記念日特別表彰」を32歳の時に受彰。

京都保健衛生専門学校医学(病態生理学)講師。オンライン家庭教師エイドネット顧問。KANSAI RISEアドバイザー。

【表彰等歴】
平成23年京都市自治記念日特別表彰
第5回京都学生人間力大賞・京都青年会議所理事長賞(京都青年会議所等主催)
第2回京都・学生アントレプレナー大賞(京都商工会議所等主催)

【行政委員等歴】
京都市・戦略的自殺対策共汗ワーキンググループ・専門委員(2010-、2011-より座長代理)
京都市・未来の担い手・若者会議U35・委員(2009-2012、2011-2012部会長)
京都市・「大学のまち京都・学生のまち京都」推進会議・委員(2010-2012)
京都市未来まちづくり100人委員会・委員(2008-2011)
京都市自殺総合対策連絡協議会・委員(2007-2011)

【著作・翻訳等】
「『病院』の教科書」 医学書院・2010・今中雄一監修・共著 (Amazon
「国際治療ハンドブック」 エルゼビア・ジャパン・2006・井上正康総監修・共訳 (Amazon

【学術論文】
国際論文(英文・共著)3件

【学会発表】
癒しの環境研究会・2012・共同
癒しの環境研究会・2011・共同
医療マネジメント学会・2008・共同


コメントは受け付けていません。